東京朝霧山岳会活動日記Ⅱ

会山行活動の簡単な報告です!

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ上記画像:インド ガンゴトリ山群 バスキパルバット(6792m)

丹沢 大山南東尾根子易支尾根

  昨日の日向薬師裏尾根が不消化だったので、今日は尾根反対側の子易から登ることにする。今回も自流の「三密厳守/ひと気ない平日PM/ソロ山行」で行く。子易集落の里道を沢沿いに辿り、終点の伐採場裏からヤブ尾根に取付き稜線を目指す。傾斜も緩み稜線と覚しき所に飛び出すが、そこは林道だった。また林道か。昨日同様である。丹沢や大山には、治水や保林や送電線の為、山腹には業務用林道が張り巡らされている。山屋としては不評だが、重要なインフラだから仕方がない。そう自分に言い聞かせて林道を辿る。林道ってのは何処も同じようだと思いながら暫く歩くと、見覚えのあるゲートが見えた。何んだ。昨日の林道、また歩いたんかよ。
・・・いや待てよ。ンならここから先は読めてんジャン。昨日目安を付けた樹林帯からヤブ尾根に取付く。背の低い獣道のような踏跡ヤブ漕ぎで稜線に出る。主稜線の樹林間は稜線漫歩。P653に辿り着く。P653にはショボイ立看があり、そこにはエボシ山と書いてあった。大山川側へ踏跡が分岐している。そこからは明瞭な踏跡を辿って、見知った不気味地蔵尊の峠に着いた。帰路は、エボシ山から大山川側へ下る。当初は急な下りで踏跡も明瞭だったが、傾斜が緩み開けた所で踏跡を失う。地図では大きなトラバースだが、傾斜がきつ過ぎる。大山集落へ続く支尾根を地図で探し、安全そうなその尾根伝いに、ザラ砂混じりの急坂を立木掴みで下る。途中里山道に出て辿ると大山小裏に出た。 ( 朝霧 植田 )

f:id:asagiri33:20200605084741j:plain

( 里山歩きからヒマラヤ登山・・・それが我々のフィールドです ) ㅤㅤㅤ 東京朝霧山岳会