東京朝霧山岳会活動日記Ⅱ

会山行活動の簡単な報告です!

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ上記画像:インド ガンゴトリ山群 バスキパルバット(6792m)

三浦半島 鎌倉 前山 偵察

   初冬のような明け方の寒さ。もうすぐ鎌倉も紅葉の季節となります。週明けに、鎌倉アルプスのハイク通行止の天園から瑞泉寺間の偵察をしてきましたが、もう1ルート鎌倉前山に通行止部があるので、紅葉前に偵察に行ってみました。鎌倉駅の東側には3列の山並があり、祇園山・釈迦堂切通し・衣張山等の名が付けられています。一番手前の祇園山には、北端の八雲神社、中央の妙本寺、南端の東勝寺と3ヶ所の登山口があります。
しかし、どの取付にも入山禁止と掲示されていました。仕方なく、最奥山並の衣張山から登ってみることにしました。衣張山北端は、湿潤なシダと鬱蒼とした杉樹林帯で、駅から1Kmも離れていないのに、野趣に富んで趣きがあり、小生の大好きな場所です。この山には、北条政子源頼朝に鎌倉で雪が見たいとせがみ、山に白布を掛けたとの逸話があります。一方で山の南稜線は、乾燥した小笹とクヌギや山桜の自然林で、趣きが全く違います。登り終えて次に、中間山並にあたる釈迦堂尾根へと行ってみました。この尾根は私有地で、登山道はなく踏み跡のみの荒れ果てた道を登り、倒木とクモの巣でズタボロの目に遭いました。最後は、今回の主目的の祇園山へのチャレンジです。今回この山並の中間部に地域住民の通り抜けトンネルを見つけました。このトンネルを抜け、禁止看板のない寺墓地脇の踏み跡の支尾根から稜線に登りました。稜線は通常通りで、往復して見ましたが敢えて危険な箇所はありませんでした。多分、鎌倉前山には観光外国人のにわかハイカーが多いので、禁止看板を付け続けているのかも知れません。とにもかくにも、身近に低山があるというのは、・・・山屋冥利に尽きますナ。( 朝霧 植田 )

f:id:asagiri33:20201030075020j:plain

 

( 里山歩きからヒマラヤ登山・・・それが我々のフィールドです ) ㅤㅤㅤ 東京朝霧山岳会