東京朝霧山岳会活動日記Ⅱ

会山行活動の簡単な報告です!

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ上記画像:インド ガンゴトリ山群 バスキパルバット(6792m)

奥秩父 甲武信ヶ岳(2,475m)~雁峠

4/10晴れ
 朝霧のパーティのスタイルは暗いうちから歩く。過去、幾度となく下った「徳ちゃん新道」を登るが、二人合わせて140歳コンビにはこの急登はキツイの一言。2,300mからの道はアイスバーンになるが経験の差でアイゼン無しで登る。甲武信小屋に荷物を置き空身で頂上へ。左に国師ヶ岳~金峯山。そして富士山。小屋に戻りチェーンスパイク、アイゼンを着け奥秩父縦走に入る。笹平避難小屋はマキもストーブも完備している綺麗な小屋。そして笠取小屋迄の間で唯一の水場はテープで見印してある。西破風山からは石だらけで歩きにくい。雁坂峠までの予定だったが東破風山の中間で幕営した。夜中は随分風が強かった。テントでは昔の山の話。

西沢渓谷入口駐車場発(04:33)~徳ちゃん新道JP(07:36-07:45)~甲武信小屋(11:10-11:25)~甲武信ヶ岳(11:45-11:52)~甲武信ヶ岳小屋(12:10-12:20)~笹平避難小屋(13:55)~東破風山手前幕営地(16:10)=消灯(18:30)

4/11 晴れ-5℃
   朝方は冷え込んだ。テントが狭く、ザックは外に出したが霜で白くなっていた。東破風山から雁坂嶺にか
けては倒木が多かった。下ると英樹さんの念願の日本三大峠雁坂峠だ。富士山が目の前だ。昔は繭の運搬で栄えたらしいがキツイ仕事だ。雁坂小屋の水はまだ出ないらしい。厳冬期の奥秩父縦走の水の確保は厳しいものがある。水晶山~古礼山を越えると雁峠の下りになる。新地平に向かい右手の沢を降りる。二時間で新地平に降30分歩いて西沢渓谷入口駐車場に戻った。( 山口、吉田、 )

 起床(03:00)=幕営地(04:27)~雁坂嶺(05:00)~雁坂峠(05:29-05:40)~水晶山(06:17)~古礼山(06:47-06:59)~雁峠(08:13-08:30)~新地平(10:33)~西沢渓谷入口駐車場(11:01-11:13)⇒中央道⇒自宅(13:15)

f:id:asagiri33:20210411045146j:plain



 

 

宮城 深山

 前日に移動最寄駅「浜吉田」着が早く、吉田浜近傍、神社軒下を拝借。満天の星空であった。翌未明に街中を通り、仙台東自動車道をくぐり里山へ。前回同様間違えない ように「八幡神社」方面?へ行く、途中でおじさんに聞くが、今一ちんぷんかんぷん。まあ神社マ-クめがけて歩くが、どうやら違う、さらに奥に行くと見なれた「ソーラ-パネル群」で 道が消された感がする。またわからず、はっきりした道まで戻り「四方」方面へ、途中「神社」発見でも違った。  でも遠く「太平洋」が 輝きまんざらでもない雰囲気 。 ふと稜線をみると、「四方山展望台」がみえるでないか。これでは行き過ぎだ。 目的の山への峠道路を選択することに、小一時間で「明通峠」へ 峠先は角田市である。 深山(しんざん)方面への登山道は、緩やかな起伏多い。 途中、右に「蔵王連峰」、左に亘理(わたり)~山元町 の「太平洋」が眩しい。 休憩なしで深山に、頂上は見晴らしよく、「東日本大震災鎮魂」の慰霊塔、鐘 しばし休憩。当時(3.11)のことを思う。 この先登山道ははっきりしているものの、 6~8時間の帰路を思うと歩は重く、下山と決め込む。 下山する道すがら今日2、3人目のハイカ-と出くわす。 静かだ。 自動車道をくぐり、亘理町立小・中学校を通ると、常磐線「山下」は近い。(いも山行度:2-)アプロ-チ電車移動(往:東北本線復:常磐線 )がきつく長い。  ( 伊藤 )

f:id:asagiri33:20210411150009j:plain


                    

奥多摩 鷹ノ巣山 ・六つ石山

  鷹ノ巣山に行きました。これまで雲取山からの下山、稲村岩尾根からの鷹ノ巣山の下山で石尾根にて奥多摩駅まで歩いたことがありましたが、今回は別ルートとして、水根沢バス停から水根沢林道を登って、榛の木(ハンオキ)尾根で下山しました。水根沢からの登りは比較的緩やかなスタートでしたが、登るに連れて急登となりました。水根沢の沢登りは以前先輩に連れてきていただいたことがありましたので、懐かしく思いながら登りました。あの時も冷たい水の中に落ちたな!!六つ石からの榛の木(ハンノキ)尾根の下りは甘くなく長い急坂を下りました。石尾根で奥多摩へ行った方が若干距離がある分、緩やかかもしれないと感じました。街道から見える山のところどころには桜がまだ咲いていました。(黒澤、他2名)

f:id:asagiri33:20210403145956j:plain

最新朝霧動画 ↓ 

【東京朝霧山岳会公式】上越 足拍子岳 南尾根

昔の山行報告追加分

 

 

 

 


 

中央線沿線 寺下峠~矢来山~四方津

     木戸とは一年以上あっていない久しぶりの山行、自粛明けか、電車は混雑これじゃ、当初予定の「高川山」は爺さん・婆さんで混雑と判断! 勝手しったる静かな山域に変更した。 最寄り駅で我々含め三人程下車、甲州街道を高尾方面に戻り、わき道から桂川を渡りほどなく登山口となる。道はゆるい登りが続くが、峠への尾根に上がる斜面は「トラロ-プ」の連続である。 途中休憩する合間も「えげつない話」最近の「ウ○コ」、そう「昔の山行回想」話はつきない。寺下峠でも 話は続く!。次は矢来山の登り、ここも「トラロ-プ」が少々続く。 矢来山頂上で 大休!伐採跡の尾根を下ると、道志側に舗装林道が近づき、大地峠付近で四方津側の舗装林道と合流し途中まで登山道と並行に下り、歩きやすく標高を下げて桂川を渡り「四方津」に着く。  帰路も話は続き、木戸ノリクエストで緊急「高尾駅」で降り、京王ストア-で 飲み物、肴を買い込み、 桜花吹雪舞う、駅前 バス停で 話は続く~ バス停のガ-ドマンおじさんに、にらまれつつ1時間程 回想 、わかれた!  (木戸、伊藤 )(いも山行度2級+)

f:id:asagiri33:20210404104637p:plain

 

 

丹沢 表尾根

前回の登山から5カ月も時間が空いてしまったので、丹沢にトレーニングに出かけた。渋沢駅から大倉に向かうバスは平日ともあって登山客の数は少ない。大倉周辺の桜は満開である。大倉から吊橋を渡り三ノ塔尾根を登る。三ノ塔尾根は、砕石造りの森林整備作業道が登山道を何重にも横切っているが忠実に登山道を登る。萌黄色に芽吹き始めた木々が山肌をきれいなコントラストに仕上げて春の訪れを告げている。三ノ塔 ( 1,205m )には数人の登山者で賑わっていた。空には青空はなく低い雲が広がっている。表尾根を縦走している登山者は数えられる程度だ。騒々しい登山者がいなくて気持ちが良い。塔ノ岳山頂(1,491m)には、何人かの登山者がいた。大倉尾根の途中の山桜が満開であったが、曇り空に映えないのが残念だ。そしてこの下りは、いつも左膝が痛み出す。( 塚田 )

大倉(8:52)~(10:04)牛首~(11:30)三ノ塔~(11:58)烏尾山~(12:55)政次郎ノ頭~(13:18)新大日~(14:06)塔ノ岳~(14:21)金冷シ~(15:00)茅場平~(15:38)駒留茶屋~(16:15)雑事場ノ平~(17:01)大倉

f:id:asagiri33:20210402143806j:plain

 

上越 足拍子岳 (中途敗退)

 足拍子岳で雪山トレーニング。初めての土樽駅。降りる人は我々を含め3人、すぐに外に出ることが出来ました。土合モグラ駅とは違って楽をさせていただきました(ちょっと寂しいかな)。関越道高架を越えるとすぐに取りつき、久しぶりの雪山。もうこの時季なので雪渓と薮が交互に出現。以外に急な傾斜で、はじめはストックを使用していましたが、ピッケルとアイゼンが強い味方になりました。藪もツルで滑って苦労しましたが、掴めるので助かります。下りは草のツルに苦戦しました。アイゼンを着けっぱなしではツルに引っかけて、アイゼンを外しては滑って何度も転んでしましました。8時45分から15時24分約6時間、雪山トレーニングには最適でした。念のため持参したザイルにガチャは使うことなく下山しました。山頂には全く届かず途中敗退でした!!( 黒澤、伊藤 ) 

※荒沢山へのトレ-スはあるが、足拍子岳南尾根にはないので、南尾根を選択、尾根の左の雪渓より登るが、急な雪面に難渋し、そのまま雪渓をつなぎ尾根にでるが、雪尾根を期待していたが、雪少なく、曲がり藪にル-トを求めるが、歩は進まない、南峰直下の雪原で大休し、南峰への雪面を登ると本峰が見える。往復時間と帰路の電車時刻を勘案するとここまでとする、帰路雪面で3人パ-ティと出会う。 南尾根の下部は急斜面で、何度も滑るが、尾根通しを下降、無事土樽駅に余裕で着く。

f:id:asagiri33:20210328114707j:plain


【東京朝霧山岳会公式】上越 足拍子岳 南尾根

日光 白根山

高速道路の渋滞が有り、丸沼スキー場に来てみれば凄い人出とロープウェイ乗り待ちで出発が10:30になってしまった。2,000m迄一気に運んでくれる。山頂駅から日光白根山がくっきりと望める。三つのピークがあり左から北峰、本峰(1,578m),南峰となる。雪解けが進み地肌が見える。ルートは緩い起伏の樹林帯から急坂になるが、トレースも多くあり危険な所は無い。やがて森林限界となり展望が良くなり砂礫の斜面から雪面を登ると2,485mの平たい場所に着く。尾瀬至仏山武尊山が望める。頂上が見え、後100mだが最終ロープウェイ時刻が近づいてるので打合せ通り下山することになった。降りる人、登ってくる人とひっきりなしだ。難なく山頂駅に着きロープウェイで駐車場に戻った。登れなかったのはやはり朝立ちの弊害だね。( 山口他6名 )

3/27 自宅(04:50)車両⇒外環道路⇒関越道(07:05-07⇒沼田IC⇒⇒丸沼高原スキー場(09:20-09:30)⇒リフト乗り場(09:35-10:05)~登山開始(10:10-10:30)~日光白根山直下引き返し点(13:11-13:18)~登山終了リフト乗り場(14:55-15:15)⇒丸沼高原スキー場(15:35-15:55)自宅(21:20)

f:id:asagiri33:20210327094850j:plain

 

( 里山歩きからヒマラヤ登山・・・それが我々のフィールドです ) ㅤㅤㅤ 東京朝霧山岳会