東京朝霧山岳会活動日記Ⅱ

会山行活動の簡単な報告です!

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ上記画像:インド ガンゴトリ山群 バスキパルバット(6792m)

富士山(吉田ルート)

例年実施している富士登山で今年は少し変化を付けるため、好日山荘瑞穂店の「高所順
応(低酸素)トレーニング」を試してみた。結果は、その効果を得るためには3回目のトレーニングから1週間以内の登山が望ましいが、天候を見計らっているうちに3週間が経ってしまった。このためかタイム的には昨年とほぼ同じになり、その効果を見極めることができなかった。また、緊急連絡対応者にYAMAPの「みまもり機能」を試してみた。対応者からは、登山者の位置情報が概ねリアルタイムで確認できるので有事の際も有効に使えるのではないかと好評だった。・・・昨年と同様に谷村パーキングエリアで仮眠をとり富士吉田の馬返しに駐車して、暗い中3時30分に登山を開始する。駐車場は平日であり車は3台程だった。天気は晴れ。登山日和である。佐藤小屋では、賑やかな登山者が出発の準備をしている。眺望のよい経ヶ岳で休憩する。六合目の安全指導センターで「体温・体調確認済み」リストバンドをザックに着けてもらう。コロナ禍とあって以前より登山者は少ないように感じる。順調に高度を稼いでいくが、標高3,400mを超えると足の進み具合が鈍くなってくる。14時30分に吉田口山頂(3,710m)に到着、久須志神社前の広場で休憩する。山頂からは河口湖、山中湖、御坂山塊、道志山塊が眼下となる。毎度お鉢めぐりを予定するが吉田口山頂に到着しただけで満足してしまい、今回もお鉢めぐりを省略してしまう。吉田下山専用道を下る。ここはブルドーザー用の道路でもあり砂礫の幅広い道である。単調ではあるが安全な下山ができる。下山道は砂埃が舞い上がるためウレタンマスクを着け、また、靴の中に砂礫が入るので夏用スパッツを着けた。これで下山中は一度も靴の中の小石を取り除く必要がなく快適であった。佐藤小屋に約18時、駐車場には21時15分に着いた。
車中で仮眠をとり翌朝に帰宅した。(塚田)
馬返し(3:30)~(6:30)五合目(佐藤小屋)~(8:30)七合目(花小屋)~(11:20)本八合(元祖室)~(12:30)八合五勺(御来光館)~(14:05)吉田口頂上(14:30)~(17:15)六合目安全指導センター~(17:54)五合目(佐藤小屋)~(21:15)馬返し

 

冬季 北ア 唐沢岳(幕岩) 東尾根 「番外 編」

正月休みを 槍穂 涸沢岳西尾根~穂高~西穂・北鎌尾根~キレット涸沢岳西尾根・硫黄尾根~横尾尾根~坂巻温泉、 次に選んだのは 北ア 唐沢岳(幕岩) 東尾根である。 まず先行トレ-スがないこと、指標が少ないことが理由である。/ 初日 七倉ダム~尾根上~1,660mピーク下(泊)/ 2日 ~1,760m~1,900m(泊)/ 3日~核心部~おむすび岩下(泊)/ 4日 ~北尾根分岐~唐沢岳~餓鬼岳前樹林帯(泊)/ 5日 ~餓鬼岳~大凪山~白沢 以上 4泊5日 会員 5名(山口、宮浦、松山、伊藤JR、伊藤)

   
www.youtube.com

     【東京朝霧山岳会公式】you Tube 動画 一覧!

スポーツ指導研修·情報

本日(7/14)代々木で「スポーツ指導員研修会」がありました。
講題は「体温調整障害」で、心臓不整脈熱中症低体温症についてで、特に熱中症についての即使えそうな情報がありましたので、参考用に投稿致します。
① 気温が30℃の場合、運動継続能力は10℃の約半分になる。
② 気温だけでなく、湿度や日射照返しが運動継続能力に大きく影響する。但し通風の効果は大きい。
③ 運動前の給水や身体水冷の効果は、持続する。
④ 汗と同量の水分と塩分の補給が、体温維持には効率的である。
⑤ 脱水判断には、尿色が目安になる。⑥ 摂取水としては、経口補水液乳飲料が補水効果が高い。
*要望があれば、集会でDATAをもとに説明を致します。  (朝霧植田)
 

 

※ 画像をクリックすると拡大されます。

道南 函館 駒ヶ岳(1,000m) 剣ヶ峰

雨の予報が覆り降らなそうなので慌てて出発する。吉田先輩が「駒ヶ岳に行きたい」と言った時、「900mまで1時間チョイの歩きの山がどうして?」と思ったが駒ヶ岳の剣ヶ峰が姿を表した時、「これは?」と思った。山屋なら見ただけで熱くなってしまう。槍の穂先がカールして見えた。馬の背に上がると周囲全てロープが張られてある。「行くな!」と言う事なのだろう。ひとつ先のピークまで行く事にした。ガスの匂いがする少し先に幅最大1m深さ3m?以上?底が見えない。長さは50m位。柵もないので確保して見ないと不気味だ。これがロープの意味だ。 丸山から先はトレースがあるが岩場が読めない。吉田先輩に「丸山から上に上がらない」と約束したので下山に入る。霧雨も降ってきたので言い訳になる。こうして北海道の登山は終わった。( 山口、吉田 )

7/9:狩場山登山口(10:53)〜駒ヶ岳6合目(18:00)※ 道南の森町から駒ヶ岳登山口への道が分からず苦労した。 / 7/10 6合目(4:00)〜馬の背(6:00)〜丸山(1000m)(6:10)〜6合目(8:00)

 

北海道 島牧村 狩場山(1,520m)

道の駅「よってけ島牧」で吉田先輩と二回目の合流となる。前回は6月26日であったが登山口で小雨だったので中止した。島牧村出身の吉田先輩にとってまさしく「故郷の山」「裏山」である。小さい時、熊出没が激しく母親から止められてから、どうしても登りたい山なのだ。2台の車で登山口に向う。林道は何処までもアスファルトだ。前回引き返しした所から3km程手前で道路に残雪がかぶさっている所の路肩に車を停める。虫がうるさいので焚き火をしながら軽く一杯して夕食して明るいうちに横になった。北海道に来て初めての満点の星空である。北海道な来て二週間ちょっとの経験から、昼を境にどうしてもガスが発生しやすいので朝は早い時間に出発する。熊対策として鈴3個と絶え間のないホイッスルだ。1200mを過ぎると残雪が現れるがキックステップで気にしない。羆の糞も見た。やがてなだらかな山容になり、残雪有り池塘にはオタマジャクシがいて、海が見えて穏やかである。頂上ではゆっくりしていたがやはりガスがでて来たので下山することにする。3パーティとすれ違った。熊に逢わなくて良かった。( 吉田、山口 )

7/8:鵡川〜苫小牧〜室蘭〜長万部町〜道の駅「よってけ島牧」道の駅(14:30)~林道駐車(15:00)~消灯(18:30) / 7/9:駐車場所(3:34)~狩場山(7:28-8:02)~駐車場所(10:33)

 

北海道 十勝岳連峰 美瑛岳〜十勝岳  

北海道に登山に来てるが高さ1.900m未満、展望に欠ける、天候不順で山がジメジメしている。どこかスカッとした山に登りたい。との事で美瑛岳十勝岳周回登山に決めた。
気合を入れて3時25分に出る。気温7℃だがガスってる。一時間半も歩くと雲海の上に出る。雲ノ平からエゾコザクラなど咲きほこっている。雪渓が2箇所、渡渉と飽きさせない。美瑛岳は岩稜の先にあるが険しい。ガスの切れ間から見える山稜は木が一本無い。有るのは草と高山植物だけ。北アルプスの3000mを歩いてるみたいで気持ちが良い。なだらかな処はカウベル付きのひつじを上げればチロルの世界だ。残雪もあるので風も心地よい。会員も東京近郊ばかりでなく、このような山も登って欲しい。十勝岳は3回目だがやっぱり雄大で素晴らしい山だ。(山口)

望岳台(3:25)~美瑛岳(8:07-8:16)〜十勝岳(10:38-10:55)〜望岳台(12:55)

 

北海道 夕張山地 芦別岳(1,726m)

バースデー山行はくしくも北海道のマッターホルンと呼ばれる芦別岳に巡り会えた。
熊止めの扉を開け登山開始。昨日の雨で泥濘んだ道を汗ビッショリになりながら登る。鶯谷から急登になり、湿地帯からまた登りとなる。頂上はガスってるので見えない。最後の岩場を登ると頂上に着いた。西側が切れ落ちてるのが分かる。他はなにがしも見えないので下山する。最近のペースは登り60分.10分休息、下り90分の配分にしている。登山者は9パーティすれ違った。視界がないと楽しくない。曇り 20℃ 湿度高し (山口)新道登山口(3:50)~鶯谷(6:00-6:11)~芦別岳(8:37-847)~鶯谷(16:06-10:17)~新道登山口(11:33)

   山口さんの 登山漫遊記  (本州、中部、四国編) 

( 里山歩きからヒマラヤ登山・・・それが我々のフィールドです ) ㅤㅤㅤ 東京朝霧山岳会